• ホーム
  • 淋病は1回の性行為で感染する確率が高い?詳しい症状を知ろう

淋病は1回の性行為で感染する確率が高い?詳しい症状を知ろう

淋病は淋菌と呼ばれる菌に感染することが原因で起こる性感染症の一つであり、クラミジアのように患者数も比較的多いと言われています。
クラミジアなど一般的な性感染症は、その原因菌を保有している人の体液に直接触れるような性行為、オーラルセックスやアナルセックスによって感染します。淋病についても、性感染症に分類されるため、体液に触れることが感染経路だと考えられているのです。

また、女性が淋菌に感染してしまったときは、子宮頸管やその奥にある子宮や卵管まで淋菌の感染が拡大することがあります。そして、淋菌の感染に気が付かない妊婦が出産をしてしまうと、赤子へ感染してしまうことがあるのです。淋病の感染率は、約30%であり、たった一度の性行為で感染することもあります。

淋病は誰にでも感染するリスクがあるので、その症状について理解しておくことが大切です。淋病だけでなく、性感染症全般に言えることですが、初期段階で症状を見つけることが難しいからです。初期段階で早期発見で予防できれば、早期治療にもつながります。淋病の症状が進行してくると、合併症を併発してしまったり、不妊の原因になったりと、赤子へ感染だけでなく妊婦そのものの健康に及ぼす被害が大きくなってしまいます。

淋病の感染経路は主に性交渉が原因なので、男性の場合は尿道、女性の場合は子宮に症状がみられるようになります。男性は、排尿するときの痛みや膿が出てきます。痛みの表れ方には個人差があるので、強い痛みを感じる人も入れば、ほとんど痛みを感じない人もいます。尿道からは黄色や白っぽい膿が出てくるのですが、気が付かない人もいるでしょう。

中には全く症状が出ない人も少数いますので、初期段階で治療をしないと淋菌が前立腺まで拡大を広げていくようになります。そして、精巣まで感染が広がってしまうと、精巣上体炎を併発してしまって、不妊の原因にもなるのです。

女性が感染した場合、男性よりも無症状のことが多いので特に注意が必要です。女性が感染すると、おりものの状態に変化が表れることがほとんどです。普段よりもおりものの量が増えたり、臭いが強くなったりすることがあります。他にも、下腹部痛や排尿痛、不正出血などの症状が表れることがあります。症状が悪化すると不妊の原因にもなりえ明日。

淋病への感染を防ぐためには、セックスのときにコンドームを使うこと、不特定多数の人とは性交渉を持たないようにすることです。また、定期的に検査を受けておくと、早い段階で感染に気が付くことができ、予防効果も高まります。