• ホーム
  • 淋病はどう治す?通販で手に入る薬を紹介!

淋病はどう治す?通販で手に入る薬を紹介!

淋病にかかってしまったら、薬の服用で治療することがほとんどです。淋病が疑われたとしても、病院に検査を受けに行くのは勇気がいります。そんなときは、自宅でできる検査キットを使って検査してみましょう。

検査キットは、女性用と男性用で分かれており、淋病だけでなく、他の性病の感染有無についても確認できるものがほとんどです。しかも、検査キットを販売している会社によっては、自社で検査場を持っているので結果が出るまで時間もかかりません。

検査結果次第ではお医者さんに行って治療を受けることともできますが、ネット通販などから治療薬を購入することもできるのです。淋病の治療薬にもいくつか種類がありますが、ジプラックスもよく服用されている治療薬の一種です。

ネット通販でも購入できるジプラックスの特徴は、投与後に淋病に対して効果が認められている唯一の内服薬ということです。ジプラックスは、セフスパンのジェネリック薬品であり、有効成分セフィキシムを配合しています。淋菌を始めとしてインフルエンザ菌や大腸菌といった11種類の菌に対して、セフスパンと同等の効果が認められています。

また、淋病の原因菌である淋菌が薬に対して耐菌性を獲得しないようにするために、唯一の内服薬であるジプラックスを他の薬と組み合わせて使われることが多いようです。淋菌患者は、淋菌だけでなくクラミジアにも同時に感染しているケースが少なくありません。また、ジプラックスは両方の菌に対して効果を発揮してくれるジェネリック薬でもあります。淋病の症状が初期段階の場合は、薬の投与や服用で完治することがほとんどです。しかし、症状が重くなってしまうと入院して抗菌薬を投与後に治療することになります。早期発見するためには、やはり早い段階で検査を受けるしか方法がありません。目立った症状が見られなくても、性感染症のリスクが高い場合は、スクリーニング検査を実施されることがあるようです。淋病に感染するリスクが高いのは、若い人なので、若い人もその対象となります。他にも、過去に性感染症にかかったことがある人も、薬への耐菌性をもったウイルスによる症状再発や他の感染症にかかるリスクが高いと言われています。

また、危険なセックスをしていると判断される人も、対象です。危険なセックスとは、コンドームを付けない、不特定多数の人と性交渉をしている、性風俗産業に従事しているような人です。また、自分は該当しなくても、パートナーが該当する場合はリスクが高くなります。該当するような危険性がある人は、普段から定期検査を受けておくと安心かもしれません。