• ホーム
  • 感染者数が一番多い性感染症!クラミジアの実態

感染者数が一番多い性感染症!クラミジアの実態

悩んでいる男性

クラミジアは性感染症の一種であり、患者数も多いことで知られています。病気を発症させる原因菌は、名前の通りクラミジアやトラコマチスと呼ばれる細菌です。

その主な感染経路は、性交渉です。性交渉といっても性器同士を触れあわせるだけでなく、オーラルセックスやアナルセックス、ディープキスで感染することもあります。それは原因菌であるクラミジアやトラコマチスが、感染者の体液に含まれているからです。

相手の体液に直接触れるような行為を行うことで、感染リスクが高くなってしまうのです。クラミジアの怖いところは、無症状のことが多いことです。目立った症状が見られなければ、大半の人がクラミジアに感染しているとは思わないでしょう。

感染に気が付かないまま、性交渉を続ける、不特定多数の人と性的関係を持ってしまうと、感染拡大にもつながってしまうのです。ちなみに、クラミジアの感染率は約50%だと言われていますが、たった1回の性交渉でも感染することがあるので、日頃からコンドームで予防など十分な注意が必要です。クラミジアに感染してしまったら、男女によって症状の表れ方が異なります。

男性の場合は、主に尿道から感染するので排尿時に違和感や痛みが起こりやすくなります。そして、1週間以上放置しておくとの尿道から細菌が広がっていき、前立腺に感染するようになります。

ところが、前立腺には痛みを感じる神経がないため、再び無症状となってしまい、ますますクラミジア感染の発見が遅れてしまうようになるのです。そして、原因菌は前立腺から睾丸に感染を拡大するようになります。感染が性器の両側にある副睾丸にまで広がってしまうと、不妊症になってしまうリスクが高くなるのですぐに病院に行くことをおすすめします。

女性の場合は、性交渉で子宮頚部に感染することが多く、この部分もまた痛みを感じる神経がほとんどないため、感染しても無症状のことが多いのです。しかし、クラミジアに感染してしまうと抵抗力が落ちてしまうため、さまざまな菌にも感染しやすくなります。また、放置して症状が進行していくと、不妊や流産の原因になってしまうため、やはり早めの治療が求められます。

クラミジアに感染しているかどうかの検査方法は、男性の場合は感染経路を通る尿検査、女性の場合は膣分泌物を採取して行われます。病院で検査するのが恥ずかしいと思うときは、自宅でできる検査方法が有効です。検査キットが販売されているのでそれを利用するのも手段の一つです。また、検査キット以外にも定期的な検査は、不妊や流産と言った最悪のケースに対する予防にもつながります。