• ホーム
  • クラミジア治療はジスロマックにお任せ!

クラミジア治療はジスロマックにお任せ!

病原体

クラミジアに感染してしまったら、早期治療を受けることで早い回復が期待できるようになります。
クラミジアは症状が軽ければ、治療薬で治ることがほとんどです。

クラミジアの治療薬としては、ジスロマックが有名です。
主な主成分はアジスロマイシンであり、アジスロマイシンの効能は、クラミジアだけでなく咽頭炎や尿道炎、肺炎といったさまざまな炎症や痛みの緩和に働いてくれます。

ジスロマックは、感染したクラミジアの拡大を防ぐ働きが期待できます。
クラミジアの原因菌であるクラミジアなどは、タンパク質を合成して細胞を増殖させようとしますが、ジスロマックにはタンパク質の合成自体を阻害する効能があります。

クラミジアの原因菌が細胞分裂をしても、タンパク質を合成できなければ細胞の働き自体が弱まっていきます。
その結果、細胞が死滅するという仕組みです。
ジスロマックの飲み方は、1日1回、錠剤をたっぷりの水で服用することです。

他の抗生物質は、1日3回服用を求められることが多いのですが、ジスロマックは1日1回の飲み方で済むので、飲み忘れることが少ないのです。
しかも、服用する期間も3日間と他の抗生物質と比べると少なめです。
容量については、年齢などが考慮されるので、必ず指示された服用方法を守るようにしてください。

ジスロマックは通販サイトで買うと安いですが、そのような形で購入した場合は自己責任となります。
万が一、薬の服用で体に異変やトラブルが起こった場合でも、お医者さんで対応してもらえなくなります。
クラミジアに感染しているときは、免疫力も下がっていて他の感染症にもかかりやすくなり、普段よりも薬による影響や副作用が出やすくなっていると考えられるので、お医者さんで処方してもらった方が安心です。

ジスロマックはマクロライド系の構成物質のため、副作用少なめだと言われていますが、全くないわけではありません。
主な副作用として報告されているのが、嘔吐や下痢、カンジダ、じんましんなどです。

これらの副作用は他の抗生物質を服用したときも、起こりやすい症状です。
抗生物質が悪い菌だけでなく、体にとって良い働きをしてくれる菌まで影響を与えることが原因として考えられています。
副作用が酷いときは、処方してくれたお医者さんに相談しましょう。
ジスロマックにはアジーと呼ばれるジェネリック薬品があります。
通販でジスロマックより安価に購入できますが、アジーも人体に影響があるジェネリック薬品という認識も重要です。